Blog > 頑張れ!はたらくお父さん

頑張れ!はたらくお父さん

プロフィール:和田 裕至

ミスの許されない厳しい業界だからこその「やりがい」
現場で学ぶ。 先輩から私、そして私から後輩へ。

「ガス」という日常生活で身近に感じていた仕事に、親しみやすさとやりがいを感じ入社を決意しました。
入社当時は、施工部に配属となり厳しい先輩方に工具の名前から使い方、また施工基準などを手取り足取りといった優しいものではなく、常に叱られながら教えていただきました。「なんて厳しい人達なんだ!」と愚痴を言ったこともありました。しかし、今思えば間違った施工をしてしまうと大切なお客さまにご迷惑をかけることになるので、先輩たちも自然とそのような態度になってしまったんだと思います。そして、4年間の給湯器や温水暖房機の工事経験を経て、現在は営業技術課で機器のサービス業務に従事しています。入社時に厳しい言葉で育ててもらったことが、今も私の基本としてしっかり残っており、お世話になった先輩には大変感謝しています。これからは、後輩にもその思いを伝えながら、私自身もさらに成長できるように頑張りたいと思います。

トラブル時には迅速な対応/お客様の生活に直結した役割
大切な家族を守るように、お客様の笑顔を守りたい。

お客さまが毎日お使いのガス機器に何らかのトラブルが発生したとコールをいただき、お客さま宅を訪問しますが、その際は出来る限る迅速に対応することを心掛けています。お湯が使えなくて小さなお子さんをお風呂にも入れることができなくて困っておられたり、冬場に暖房が作動せずに寒さを我慢しておられたお客さまに実際にお会いしたからです。お客さまの立場になって、もし自分の家族がそんな思いをしたらどうだろうと考えると、私の仕事にはお客さまの生活に直結した役割があるのだと感じています。

お父さんは チューブスで 頑張っています!

ユニフォーム姿のパパはちょっとカッコいいぞ!

仕事風景

▲戸外に設置されたガス機器のメンテナンス中

仕事風景

▲エコウィルのメンテナンスもおまかせください。

仕事風景

▲パソコンを使って作動状況を詳しくチェック


Copyright © CHUBUS CO.,LTD. All rights reserved.