ガスヒーポンの目安の稼働時間は10年。10年に近付いたガスヒーポンは、ぜひ一度SafetyCheckをご利用ください。

10年(約2万時間)。 ガスヒーポンを安心してお使いいただける、目安の稼働時間です。
長らくご使用いただいたガスヒーポンは、機械部品の劣化により、どうしてもトラブルが起こりやすくなってしまいます。

快適な空調環境をつくりだすために、ガスヒーポンの内部では、様々な部品が連動し合い働いています。もし、そのうちの主要な部品が劣化により破損してしまえばそこから部品の交換や、場合によっては新しいガスヒーポンの導入を検討している間、数週間にわたって、空調はストップしてしまいます。

ご使用になられている限り、部品の劣化をふせぐことはできませんが、各部品の劣化の状態を把握しておくことで、起こりうるトラブルに未然に備えることができます。

「ある日突然、空調がストップしてしまった!」
そのような事態を防ぐためにも、ガスヒーポンの10年分の疲れをしっかりとチェックします。

  • Safety Checkに関するお問合せはコチラ
  • ご使用から10年過ぎたガスヒーポンに関しては、 新しいガスヒーポンへの買い替えをお薦めしています。